当サイトでは、環境にやさしく健康的な暮らしのアイディアをご提供いたします。

蓄電池購入をやめた方がいい人とは?失敗の理由と後悔しない為の方法

2019年の台風被害などの影響で、今人気の蓄電池。
しかし、蓄電池を購入してから損したと思う人もいます。

蓄電池購入をやめた方がいい人とはどのような人でしょうか?

今回は、蓄電池購入で後悔しない為に、失敗の理由や必要かどうか、現在の状況などを考えてまとめてみました。

  • 蓄電池でメリットを感じやすい人について
  • 蓄電池購入をやめたほうがいい人とは?
  • 蓄電池購入で失敗したな、と感じてしまうポイント
  • 蓄電池購入者の口コミまとめ

 

蓄電池購入でメリットを感じやすい人は?

蓄電池購入でメリットを感じやすい人は?

蓄電池購入において、まずはメリットがあるのかをしっかりと確認しておくことが大事です。

そこで、このセクションでは特に「蓄電池購入したほうがいい人」についてまとめてみました。

すでに太陽光発電を行っている人

すでに太陽光発電を行っている人は、蓄電池を購入するメリットが大きいです。

なぜなら、蓄電池を購入する事で天気の悪い日や夜間も太陽光発電の電力を自宅で利用できるからです。

太陽光発電で発電した余剰電力は、蓄電池が無い場合発電時に使用するか売電するかしかありませんが、蓄電池を購入する事で夜間などに取っておくことができるのです。

売電、自宅使用に続く第三の選択肢が取れるのがメリットですね。

卒FITで売電価格が下がっている家庭では、特にその恩恵を感じられることでしょう。

電気の使用量が多い人

電気の使用量が多い人

例えば、家族が多い家庭や冷凍庫などの電化製品がたくさんある家庭は、電気の使用量が多く電気代が高くなりがちです。
そんな家庭は蓄電池のメリットを感じやすいでしょう。

蓄電池は、電気料金の安い深夜電力を利用して蓄電し、電気の使用量が増加する昼間に使う事ができます。
電気使用量はそのままで、電気代を安く抑える事ができるのが魅力です。

補助金利用で蓄電池を購入したい人

蓄電池は、以前だと高級すぎて買えないという人が多くいました。

しかし、今は価格が下がってきており、更にエコ系の補助金があります。

最大で60万円もの補助金が出る場合もあり、蓄電池を買いたい人にはメリットです。

注意してほしいのは、時期や購入する蓄電池によって、補助金の金額が異なる点です。
お住まいの地域によっても補助金額が違うため、どれくらいの補助金がもらえるのか調べてみましょう。

補助金のメリットが大きい方は、この機会に蓄電池を検討しても良いかもしれません。

 

 

蓄電池購入をやめた方がいい人

蓄電池購入をやめた方がいい人とは、どんな人でしょうか?

メリットがあまりないのに、訪問販売業者などに勧められて何も考えずに設置すると、後悔します。

このセクションでは、蓄電池購入をやめた方がいい人についてまとめました。

毎月の電気代がそれ程高くない人

知人が蓄電池を付けたから、我が家も蓄電池を付けたという人もいます。
周りに流されて設置すると、後から失敗したな~ということになりやすいです。

特に毎月の電気代がそれ程高くない人は、蓄電池購入をやめた方が良いと言われています。

なぜなら、蓄電池を付けてもそれ程メリットが無いからです。

蓄電池は、電気代が安い深夜電力を貯めて、昼間に使用します。
つまり、毎月の電気代が元々安い場合、蓄電池を付けたからといって大幅に電気代が安くなることはありません。
このような家庭では、蓄電池のメリットを感じにくいでしょう。

共働きなどで夜しか家にいない人

共働きなどで夜しか家にいない人

家庭によっては、共働きなどで夜しか家にいないというケースもあります。

蓄電池は、安い深夜電力を昼間に活用するのがメインのため、昼間にほとんど家にいないような家庭では、蓄電池を設置してもあまりメリットを感じないでしょう。

結局、夜の電気代が安い時間に使用することになるので、深夜電力との差額が小さくなります。

今までとほとんど電気代が変わらないという可能性もあるので、蓄電池設置はやめた方が良いです。

蓄電池の置き場所が無い人

賃貸住宅などの場合、蓄電池を設置したいと思っても蓄電池の置き場所が無い人もいます。

特にベランダなどが狭い場合、蓄電池の置き場所が無い場合もあるでしょう。
無理やり蓄電池を設置する人もいますが、設置工事も大変になるうえ設置後のトラブルが起こりやすい状態になります。

また、室内用の蓄電池もありますが、部屋が狭くなるので無理して室内に蓄電池を置かなくてはならないような状況なら、やめた方がいい場合もあります。

蓄電池の購入や工事が面倒な人

蓄電池は購入したいけど、価格を比較したり業者を手配したり、設置工事が面倒という人はやめた方がいい場合もあります。

蓄電池は、様々なメーカーが本体を販売していますし、設置工事もちゃんと比較してから決めないと損するのです。
また、業者と何度もやり取りする事になり、工事の為に近隣へ挨拶に行く可能性もあります。

このような事が面倒だと感じる人の中には、途中で蓄電池購入をやめたいという人もいるでしょう。
途中で購入をやめると、キャンセル料がかかったり送料等を支払ったりと、無駄な費用が必要になる場合があります。

思った以上に面倒くさいと感じる事が蓄電池購入にはありますので、気を付けましょう。

 

蓄電池購入を失敗したと思う理由をチェック

蓄電池購入を失敗したと思う理由をチェック

蓄電池購入を失敗したなと感じた人について、口コミを探してみました。

蓄電池が高いと感じる

蓄電池を購入した後で、失敗した!と感じた人の理由を聞くと、「思ったより高かった」という意見が多いです。
なぜ、購入した後から蓄電池が高いと感じるのでしょうか?

まず、蓄電池購入時に複数の蓄電池を比較していない人たちが後悔しています。

蓄電池なら何でも良いと考え、機能や価格を考えずに購入すると改めて他の製品の価格を見たときに「あんなに高いのを購入しなくてもよかったのに!」と感じているようです。

そうならない為にも、蓄電池購入の際は価格や機能をきちんと比べておきましょう。

設置業者が良くなかった

蓄電池購入を失敗したと思う人の中には、設置業者が良くなかったという口コミも見られます。

特に、蓄電池の購入先と設置業者が違う場合、設置工事が高くなって失敗したと感じる場合もあります。
他にも、悪徳業者などで蓄電池を設置してトラブルになる事もあります。

このように、蓄電池が良くても設置業者で問題が起こると、蓄電池購入を失敗したと思う事があります。

設置業者を選ぶ時も、トラブルにならないような点を重視しましょう。

 

蓄電池購入をやめた方がよかったと感じた人の口コミ

蓄電池購入をしたものの、後悔している方の口コミを集めてみました。

こちらの意見を参考に、後悔しないよう蓄電池購入を考えてください。

購入前によく蓄電池を比較した方が良い

東京都:山岡 大地(40歳・男性)

蓄電池購入に補助金が出るという事を知り、良く調べもせずに蓄電池を購入しました。
補助金でお得に購入できましたが、設置した後からもっと良い蓄電池がある事を知りました。
購入前に蓄電池をきちんと比較しなかったのが悪かったのですが、かなり損した気分です。
慌てて蓄電池を買って失敗したな~とちょっと後悔しています。

蓄電池の設置業者選びは注意しよう

大阪府:新見 知恵(45歳・女性)

蓄電池自体はちゃんと選んで買いましたが、設置業者が悪かったです。
値引きしたと嘘を付かれ、結局ものすごく高い設置費用になりました。
見積もり金額を安くして、請求金額は色々言って高くする手口です。
工事をした後だったので支払いはしましたが、悪徳業者だと見抜けなかった。
ネットの口コミなども参考にして業者選びは注意した方が良いですよ!

補助金がもらえるかどうか調べてから購入したほうがよかった

岡山県:春名 千秋(36歳・女性)

前から蓄電池を購入したいと思っていましたが、高いから諦めていました。
補助金があるとネットで見かけたので安く買えるならと購入しましたが、実際には補助金が少ししかもらえないことが分かりがっくりしました。
蓄電池の価格や容量によって補助金の金額が違うので、どれくらい補助金がもらえるか調べてから購入した方が良いです。
また、地域によっても補助金の額が違うことも後で調べてわかりました。
補助金がもらえるからと安易な気持ちで蓄電池買うと後悔するので、やめた方が良いかもしれません。

 

蓄電池、向いている人/向いてない人 まとめ

蓄電池を買う人の中には、太陽光発電と同じく流行りに流されて買うという場合もあります。
特に蓄電池の必要性が無いのに購入してしまうと、後から後悔したり失敗したと感じることがあるでしょう。

電気代がそれ程高くないとか、家族が2人だけという場合、蓄電池を買っても電気代が劇的に安くなる事はありません。

高い蓄電池を購入してからそのことに気が付いても遅いので、蓄電池を購入する前に色々と調べて、必要なのかどうかしっかり検討した方が良いです。
後から蓄電池購入を後悔するかもしれないと思われる点があるなら、やめた方が良い人の部類に入ります。

蓄電池を検討されている方は、後からやめておいた方が良かったと思わない為の準備が必要です。