当サイトでは、環境にやさしく健康的な暮らしのアイディアをご提供いたします。

外壁塗装の平均日数と工事スケジュールについて

外壁塗装を行う場合、その手順や日程を依頼者は知っておく必要があります。

例えば、数週間で終わる工事なのか、数ヶ月単位で終わる工事なのかによって必要な対策が変わってきます。

そのうえで、個々では外壁塗装の平均日数と工事スケジュールについて詳しく見ていきましょう。

外壁塗装の平均日数は住宅の規模によって異なる

外壁塗装を行う場合、住宅の大きさを考慮する必要があります。

例えば、一般的な戸建てやアパートなどであれば、2週間から3週間程度が平均的な工事期間といえるでしょう。

加えて、マンションなどであれば、戸数が多く、アパートや戸建て住宅よりも必要な費用が大きく異なってきます。

そのため、マンションでは平均で2~3ヵ月ほどの時間を要することを意識しておきましょう。

外壁塗装を行う場合、天候なども考慮する必要があるものの、平均的な日数を把握することによって適正な工事が行われているかどうかを把握することができます。

また、下記のような選考であった場合には、工事を行うことができないことも考慮しましょう。

  • 雨が降り続く
  • 風が強い
  • 雪が降っている

外壁塗装に関しては、工事の段階で水分が含まれる要素を極力排除する必要があります。

塗料に対して、水分が含まれることによって施工不良となるだけでなく、今後の評判や依頼者とのトラブルが起きることが考えられるためです。

もちろん、工事を行う側も天気予報などによって具体的な計画を立てます。

そのため、依頼者からすれば、どんな予定で何を実行するのかを明確に説明できる業者は信頼を集めやすいといえるでしょう。

加えて、悪天候を避けるのは、材料が飛散することを避けるためでもあります。

仮に、塗料が周りの住宅に飛散するなどの事態になった場合、依頼者と工事業者だけでなく、周りの住民ともトラブルとなることが予想されるでしょう。

工事スケジュールについて知ろう

ここでは、外壁塗装の工事スケジュールについてみていきましょう。

挨拶

挨拶回りは工事を行う前に実施されます。

施主ではなく、工事業者が行ってくれるパターンもあり、工事の開始までに周りの住人に対して挨拶を行うことでトラブルを回避する役割があります。

加えて、工事の期間や終了時間などの要件も伝えることによって相手の理解を得やすくなります。

足場の設置

足場の設置にかかる期間は、アパートや戸建て住宅であれば1日で終わることがほとんどです。

建物の規模が大きくなれば大きくなるほど、足場を組む時間が必要となるため、工事を実施する前にどのぐらいの期間が掛かるのか把握しておくことも重要です。

加えて、飛散防止のシートなどもこの段階で設置します。

高圧洗浄

高圧洗浄に関しては、1日から2日ほどで完了します。

大規模なマンションなどであれば、もう少し時間を要するパターンもあるものの、30坪ほどの大きさであれば1日~2日ほどで十分でしょう。

ちなみに、乾燥に関してはこの期間も2日ほど必要です。

下地の調整と養生

壁材の間にはシーリング材が詰められています。

そして、シーリング材の補修は外壁の塗装を行う前に実施します。

このシーリング材の補修は、外壁塗装を行ううえで非常に重要なものであり、この処理が甘ければ甘いほど、外壁塗装の効果が薄くなる点には注意が必要です。

また、養生に関しては、塗料がついてはならない部分を保護する役割を持ってます。

この処理も、依頼者とのトラブルにつながる可能性があるため、入念に行っておく必要があります。

下塗り・中塗り・上塗り

下塗りから上塗りは3日~で終了するパターンが多いといえます。

非常に簡潔にいえば、これが外壁塗装の要となる作業であり、工事業者も注意を払いながら実施していきます。

加えていえば、一日のうちに中塗りや上塗りを実施する業者には気をつけましょう。

塗料には乾燥する時間が必要であり、数時間で完走することはほぼないといえます。

塗料によって、必要な費用が全く異なるものの、必要な工程が変わることはありません。

また、大規模な建物になればなるほど必要な日数や人員が変わってくるため、高額になりやすい前にも注意が必要です。

点検の実施

どのような建物であっても、塗装に関しては機械ではなく人が行います。

そのため、最終的に工事内容を実施できているかを確認する必要があります。

仮に塗装ができていない場合なども、段階でフォローする場合がほとんどです。

足場解体と清掃

足場解体は1日で行われることが殆どです。

そして、工事もこの段階では終了するため、清掃を実施し完了という流れになります。

また、工事完了後に関しても業者によってはアフターフォローを実施してくれます。

そのため、どのような業者を選定するのかが非常に重要だといえます。

工事工程の省略で得することはない

上記の流れに沿って、外壁塗装の工事が行われます。

つまり、上記のような流れを組んでいない業者には工事を依頼しないように注意する必要があるといえます。

住民への挨拶回りは、施主が行っても問題ないものの、足場の組み立てから、養生や下塗りなどの一連の手続きは必要です。

仮に、高圧洗浄や塗装作業の一部を省略する場合などは、その業者は信用できないでしょう。

また、基本的に外壁塗装などは、非常に時間のかかる作業であり、短期間で終了することはできません。

人手が多ければ、多いほどコストは増加するものの、非常に短期間で工事で終了する場合はどういって理由で短縮できるのかを工事業者に確認しましょう。

 

塗装作業

塗装作業は3回行われる

外壁塗装の工事は、建物の大きさによって必要な日数が変化します。

しかし、塗装の回数に関してはどのような建物であっても、同様の手順を踏む必要があります。

建物が大規模になればなるほど、人員や塗料、必要となり、時間を要することになります。

そのため、アパートや戸建てなどと比較すると、マンションは足場の範囲や塗らなければならない面積が大きいため、それなりの費用が掛かると考えられるでしょう。

そして、塗装作業は下塗り・中塗り・上塗りに分かれます。

それぞれの作業によって使われる材料が異なり、悪天候などの場合には、それぞれの作業を行うことができないため工事の日数が伸びる可能性が出てきます。

加えて、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用するものの、どちらも塗料を塗るだけではなく、乾燥の時間まで計算したうえで工事を行います。

ちなみに、下塗りだけは接着剤のような役割を担うものを使用するため、高圧洗浄か必要になるという仕組みです。

また、工事を行う段階ではなくても、契約する段階で見積もり書はほぼ提出されるため、何にどのくらいの料金が掛かっているのかを把握することも忘れないようにしましょう。

屋根の塗装も手順は同じ

外壁塗装を行う場合、合わせてやれる塗装も行うパターンがほとんどです。

どちらも同じように外に面しており、屋根に関しては太陽の光土を掘りする必要もあるため、外壁と屋根の材料は同一ではありません。

仮に同一だった場合は、屋根の塗装の方が早く限界を迎えることに注意が必要だといえます。

 

まとめ

外壁塗装の平均的な日数とスケジュールは、建物の大きさで変化します。

一般的な戸建て住宅やアパートなどであれば、2~3週間程度で完了する場合がほとんどです。

また、外壁塗装の手順や工事内容はほぼ省くことのできないものです。

仮に、手順を省くような説明がされた場合にはその業者への依頼はできる限り避けることをおすすめします。