当サイトでは、環境にやさしく健康的な暮らしのアイディアをご提供いたします。

外壁塗装の時期と耐用年数を知る!リフォームへの備え

外壁塗装は建物の耐久性を高め、長持ちさせる役割があります。外壁塗装は塗装が必要な時期と塗装するのに適したタイミングを知ることが大切です。塗料の種類により耐用年数は異なり、建物の耐用年数も外壁塗装の時期に関係するので参考にしてください。

一戸建て住宅やアパートなどは一定の時期が来たら、外壁塗装を行う必要があります。

難しいのはその時期を見極めること。

特に新築から初めての外壁塗装の場合、最適な時期やシーズンを逃してしまったために、後から高額なリフォームが必要になるケースもあります。

初めてでも失敗しないように外壁の塗り替え時期と耐用年数について解説します。

外壁塗装リフォームの役割とメリット

外壁塗装は大がかりなリフォームで高額な費用がかかるため、本当に必要なのか、どんなメリットがあるのか気になるところです。

外壁塗装をする理由やそのメリットについて理解しておきましょう。

家やアパートを長持ちさせる外壁塗装

目に見えるメリットは住まいの外観を美しくさせることです。

新築住宅も10年すると汚れやカビなどが目立ってきます。

外壁塗装をすることで新築のように美観が良くなり、汚れにくい外壁を保つことができます。

そして一番のメリットは住宅を雨風や紫外線から守り、住まいの寿命を長くしてくれることです。

塗膜が住まいを保護し、雨風や紫外線のダメージから守ってくれます。

劣化する家を長持ちさせるためには一定周期で外壁塗装を行うことが必要です。それが外壁塗装の大きな役割となっています。

外壁や建物の耐久性向上

外壁塗装がきちんとされていると外壁の素材を守ることになり、建物の耐久性が向上します。

経年劣化による外壁のひび割れや剥がれをそのままにしていると、内部に雨水が侵入し、建物に深刻な被害を招く恐れがあります。

雨漏りは屋根が原因と思われがちですが、実際は外壁が原因の場合が大半です。

業者に外壁塗装を依頼するとまず、ひび割れや剥がれを点検し、補修した後、塗料を塗っていくのが通常の工程です。

外壁補修を同時に行うため、ひび割れや剥がれ、雨漏りを修繕し、住まいの劣化を遅らせることができます。

結果的に建物の耐久性も増すことになります。

雨漏りや湿気によるカビを防ぐ

外壁塗装がしっかりしていると雨漏りや湿気を防ぐので、建物内に発生するカビなどによるアレルギーを防ぐことになります。

健康的な生活を送るためにも有効です。

機能性を高めるメリットも

外壁塗装は劣化を防ぐだけでなく、住宅の機能性を高めるメリットがあります。

省エネ対策

外壁のひび割れが補修され、隙間風が無くなるので、省エネ効果が高まります。

断熱効果のある素材を配合した塗料を使用すれば、断熱効果を高めることも可能です。

遮熱対策

遮熱効果の高い塗料を使用すると、より紫外線の影響を受けにくい外壁に機能性を高められます。

防火対策

熱を遮断する効果が高くなり、万一、周囲で火災が発生しても、火が燃え移りにくい住宅にすることができます。

外壁塗装しないと余計な費用がかかる

外壁塗装の費用の目安は約100万円で安くありませんが、いつまでも塗り替えしないままでいると、あちこち劣化が進み、外壁塗装だけでは済まなくなります。

大がかりなリフォームが必要になり、却って出費が嵩んでしまいます。

☞外壁塗装の相場についてさらに詳しく知る

外壁塗装の最適な時期や季節の目安

外壁塗装を行うタイミングは時期と季節に分けて考える必要があります。

劣化症状が出ているときは塗装が必要な時期、塗り替えの環境に適したタイミングが季節です。

外壁塗装は費用が100万円前後かかるので、手軽に何回もできない、失敗すると損害が大きいことがあります。

最適な時期や季節を選ぶために参考になるポイントをご紹介します。

 

塗り替えが必要な時期は4つ

外壁の塗り替えが必要になるのは明らかに劣化症状が現れている場合ですが、それ以外にも最適な時期となる目安があります。

1.リフォームが必要な劣化症状がある

塗料の種類により耐久性が異なりますが、最低でも数年は維持できます。

そこに雨風や紫外線のダメージが加わり、塗膜が少しずつ剥がれていきます。

外壁塗装を永久に保つことは不可能です。塗り替えが必要かどうかは劣化症状をチェックします。

変色や汚れ程度であれば、様子を見ても大丈夫ですが、塗料が粉状になったり、塗装が剥がれたりしているなら、塗装の時期です。

カビの繁殖、ヒビ割れの場合は業者に依頼して診断をしてもらいましょう。

2.新築から10年以上経つ

築年数が大きく影響し、一般的なシリコン系塗料は約10年が耐用年数の目安とされています。

塗料の種類によりますが、一番長い遮熱系塗料でも20年程度です。ウレタン系だと6~7年、アクリル系だと4~5年程度と短くなります。一般的には約10年で塗り替えを検討すると良いでしょう。

3.ライフステージの変化

結婚や出産、転居、住宅や車の購入、子供の入学などライフステージはさまざまに変化します。

お子さんの学校入学や車の購入時期などと外壁塗装の時期が重なると、一度に大きな費用が必要になります。

優先するのはお子さんの学校入学や車の購入です。すぐに外壁塗装をする必要がない限り、急がなくても構いません。

4.業者の繁忙時期を避ける

塗装工事業者の繁忙期に依頼してしまうと、十分に対応してもらえない恐れがあります。

塗装工事が多く集中するのは、工事がしやすいとされる春と秋で、一年のうちで塗装工事が多く行われるのは秋と言われます。

慌てずゆっくり納得のいく塗装工事を行ってもらうには業者の繁忙期と重ならないように、冬や夏から取り掛かるのがおすすめです。

外壁塗装にベストな季節は?

最適なシーズンを決めるときに知っておきたいのは、外壁塗装に不向きな季節、気温、湿度があることです。

塗料で壁を塗り替える工事は雨が多い、風が強い、日差しが強いときは工事が進まないなど天候に左右されます。

季節と気候は密接に結びついているので、外壁塗装にふさわしくない季節を知っておきましょう。

塗り替えにふさわしくない月

安定した気候が続く10~11月、降雨量が少ない12月は作業がしやすい月です。

3~5月は気温や湿度が安定しています。

逆に6~7月は梅雨の時期で雨が多く、気温も上がるため、塗料が乾燥しやすくなります。

8月も高温が続き、台風で足場が崩れたり、スケジュールがズレたりすることも。9月も台風の影響が懸念されます。

梅雨の時期は絶対にダメ?

塗り替え工事では塗料を塗った後、乾燥時間を確保することで塗膜が作られます。

乾燥中の塗料は水に弱く、乾く前に雨水がついてしまうと、乾燥していない部分が流れ、乾燥に要する時間が長くなり、重ね塗りをしてもすぐ剥がれてしまいます。

外壁塗装の失敗リスクを高めることになるので、梅雨の時期は避けた方が良いとされます。

ただ、気温は高くなる時期で塗料は短期間で乾燥するので、天候に気をつければ梅雨の時期でも塗装はできます。

地域密着の塗装業者には天気を予測しつつ工事を行うところがあるので、相談すると良いでしょう。

塗り替えは気温と湿度が大事

塗り替え工事で使用する塗料は一定の気温と湿度がなければ、ほとんど塗装できません。

気温5度以下、湿度85%以上の状態で塗り替えを行うと、塗料の乾燥に時間がかかり、さらに重ね塗りをしてもすぐに剥がれてしまいます。

現在、主流であるシリコン系塗料は10年前後持ちますが、気温や湿度の条件を満たしていないと、3年足らずで劣化することも。

お金をかけて工事を行っても思い通りの仕上がりにならず、支払った費用がムダになってしまう恐れもあるため、気温や湿度のルールを守ることが大事です。

外壁塗装は春と秋がベスト

天候や気温、湿度の条件を考えると外壁塗装に最適な季節は春と秋ということが言えます。

ただ、雨や雪が降り、風が強くてもスケジュール調整をしながら塗装することは可能です。

春と秋がベストシーズンですが、いつでも丁寧にしっかり対応してくれる塗装業者を選び、自分のタイミングで工事を始めることをおすすめします。

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数の重要な条件となるのは塗料と建物の2つです。

塗料の耐用年数は各メーカーが商品に表示し、建物は国税庁が建築材ごとの寿命をまとめた資料を発表しているので参考にしてください。

塗料の耐用年数から先に詳しくご紹介します。

☞外壁塗装の耐用年数について更に詳しく

塗料の耐用年数の目安

塗料は種類によって耐用年数の目安が異なります。

アクリル系塗料は耐用年数が短いですが、費用は安く済みます。

耐用年数が長い高機能の塗料はそれだけ費用も高いです。

また、メーカーが商品に表示する耐用年数は、新築時の塗装を考えているため、年数が経ってからの塗装ではズレが生じます。

各メーカーでは促進耐候性試験機という機器を用い、塗料の耐久度や耐用年数を測定し、数値で評価。

試験機で計算しているため、実際の自然環境下ではないこと、塗り替えの目安となる時期を考慮していないことがズレを生みます。メーカーが表示する耐用年数は目安として参考程度に考えてください。

耐用年数が比較的長い塗料

耐用年数が15年以上と耐久性のレベルが高いのはフッ素系、遮熱系、無機系の塗料です。フッ素系はビルや商業施設で使用され、最近は住宅の外壁にも使われます。

遮熱系は省エネ効果が高く、自治体によっては補助金が出る場合も。無機系は耐候性が高く、劣化しにくい特徴があります。一般的に多く用いられるシリコン系は耐用年数8~15年と幅があります。

耐用年数が比較的短い塗料

耐久度は期待できませんが、費用がかからないのはアクリル系で耐用年数5~6年です。

最近は滅多に使用されません。

ウレタン系はアクリル系より年数が長く、場合によっては10年持ち、費用も安いですが、最近はシリコン系の方が人気があります。

実際の塗料の耐用年数を知るには?

目安となるメーカーの耐用年数ではなく、実際の耐用年数は何を基準にすれば良いでしょうか?

それは外壁の状態を目視することです。塗料が粉状になったり、剥がれやヒビ割れが起きたり、カビや苔が生えたり、汚れや金属のサビが目立ったりしていないかをチェックします。

明らかに劣化している症状があれば、塗り替えの時期です。

新築時または前回の外壁塗装から10年未満でこのような状態が見つかったら、立地や気候条件の影響も考えられますか、塗装工事が不十分だった可能性もあります。

塗料と建物の耐用年数の関係

塗料の耐用年数は建物の寿命にまで大きな影響を及ぼします。

例を挙げるとサイディング張の木造の建物は耐用年数が通常22年ですが、それは塗料と建築材の耐久度が担保された場合です。

塗料の耐久性が落ちると、22年以内に建物が寿命を迎えてしまいます。

自宅であれば雨漏りなどが頻繁に起きるようになり、所有するアパートやマンションであれば、入居が減り、家賃収入が入らなくなり、結果的に取り壊しや売却する事態になってしまいます。

耐用年数30年もメンテナンス次第

外壁材はモルタルでも30年、コンクリートは60~100年が耐用年数です。

ただし、メンテナンスをきちんと行うことが条件。メンテナンスの周期はモルタルで9年前後、コンクリートで15年から20年が目安です。

一生使用できる建材も塗料もないので、メンテナンスは欠かせません。

外壁塗装の耐用年数を延ばす3つのポイント

外壁塗装の耐用年数を長持ちさせるポイントを3つに分けてご紹介します。

外壁塗装のテクニック・期間や色について理解しよう

関連記事

外壁塗装のリフォームは定期的に行ったほうがいいと聞いたことはありませんか? それは、塗料には外部からの刺激から保護する役割があるからです。塗料が劣化すると、この保護機能が低下し、中身の外壁材も劣化して、より大きなリフォームが必要になる[…]

1.住環境や外壁材(サイディングなど)

住まいがある地域や立地条件は耐用年数に大きく影響します。

雨や雪が多い、湿気がこもりやすい立地であれば、家の周囲に大きな物を置かず、風通しを良くするように心がけましょう。

外壁材にサイディングを採用していると凍結することがあります。

外壁塗装をしっかり行うことで防止できるので、塗装業者を選ぶときは地域の特性を知り、実績のある業者を選ぶことがポイントです。

2.最適な塗料を選ぶ

外壁塗装は1回限りではなく周期的に行い、家を守っていく長期的な視点で考える必要があります。

塗料はコストパフォーマンスの良いシリコン系やラジカル系がおすすめです。

費用が高くても良ければ、耐久性に優れたフッ素系塗料もあります。

3.丁寧な塗装を3回以上行う

外壁塗装は3回塗りと言い、一般的に下塗り、中塗り、上塗りを行います。

下塗りを丁寧にしないと中塗りや上塗りが上手く密着せず、すぐ剥がれてしまいます。

しっかり丁寧に塗装することが第一です。

耐用年数を高めるなら3回ではなく、4~5回塗る必要があります。

外壁塗装で失敗しないためには最適な時期や季節を見極めることが大事なポイントです。

塗料や建物の耐用年数も意識しながら、しっかり丁寧に仕事をしてくれる業者に依頼してください。

外壁塗装と同時に検討すべき、屋根塗装

屋根塗装については現在情報収集中です。