当サイトでは、環境にやさしく健康的な暮らしのアイディアをご提供いたします。

外壁塗装のテクニック・期間や色について理解しよう

外壁塗装のリフォームは定期的に行ったほうがいいと聞いたことはありませんか?

それは、塗料には外部からの刺激から保護する役割があるからです。塗料が劣化すると、この保護機能が低下し、中身の外壁材も劣化して、より大きなリフォームが必要になるからです。

この記事では、外壁塗装リフォームが必要となる理由や判断基準などを紹介していきます。

外壁塗装について、こちらの記事にまとめています。

関連記事

外壁塗装は建物の耐久性を高め、長持ちさせる役割があります。外壁塗装は塗装が必要な時期と塗装するのに適したタイミングを知ることが大切です。塗料の種類により耐用年数は異なり、建物の耐用年数も外壁塗装の時期に関係するので参考にしてください。 […]

 

外壁塗装リフォームの時期はどのあたり?

外壁を塗り替えるタイミングがよくわからないという人は、築10年を一つの目安にしましょう。塗料にはそれぞれ、耐用年数が決まっています。

種類によって若干違いますが、一般的に10年前後のものが多いからです。

10年も経過すると、劣化が見られます。

劣化を放置していると、外壁そのものの強度が低下してしまいます。すると壁そのものを張り替える必要も出てきて、結果的に大規模リフォームが不可欠になり、費用もそれなりにかさみます。

10年に1回くらいのペースで、外壁塗装は塗り直したほうがいいです。

劣化の兆候はチェックできる

10年が塗り替えの目安になる一方で、素人の方でも塗料の劣化は実感できます。まず塗りたて当初と比較して、色褪せが起きていませんか?色褪せは紫外線などを受けて、塗膜が劣化するために起こります。

続いて起きるのが、チョーキング現象です。壁を指でなぞってみましょう。するとチョークのような白い粉が付着しませんか?これは塗料の劣化によって起こります。

さらに壁にコケや藻のようなものが生えていると、早めにリフォームをした方がいいです。

塗料の表面には塗膜でおおわれていて、外部から保護する役割があります。藻やコケが発生しているのは、この保護機能が著しく低下しているためです。このような症状に心当たりがあれば、そろそろ外壁の塗り替えのタイミングに差し掛かっていると考えるべきです。

外壁塗装とサイディング

外壁材として何が使われているかによって、塗り替えの時期も変わってきます。

サイディングには、窯業系と金属系、木質系、樹脂系の4種類に大きく分類できます。

材質によって特徴が異なるため、塗り替えの時期も変わってきます。窯業系や木質系の場合、10年くらいで塗り替えないといけません。

金属系はひび割れの心配がなく、雨漏りリスクが低いです。このため、10~15年程度と若干塗り直しの時期が伸びます。

樹脂系は表面処理の必要がないです。このため30年くらいは持ち、メンテナンスも普段から特別行う必要もありません。しかし樹脂系のサイディングを使っている家屋は、日本ではあまり多くないです。

外壁塗装リフォームに適した季節

外壁塗装の作業をするにあたって、気候条件があることを忘れないでください。原則気温が5℃以上で湿度が85%以下でないと作業ができません。

そう考えると冬場、気温5℃に届かない地域もあるかもしれません。雨の日も湿度が上限を超える恐れがあるので、作業は延期になる危険性があります。

梅雨時は連日雨というケースも考えられるので、作業をするには好ましくないです。一方春先や秋口は気温もちょうどいいですし、比較的乾燥した日が続きます。

その意味では、外壁塗装をするには適したシーズンといえます。ただし注意しなければならないのは、好ましい季節なのでは鶴と秋は塗装業者にとって繁忙期である点です。

早めに手配しないと、どの業者にお願いしても自分の希望する日程が予約で埋まっている恐れがあります。

外壁塗装のリフォームにかかる期間とは?

外壁塗装にかかる期間は、どの範囲を塗るか、どの程度の大きさの住宅に実施するかで変わってきます。一般的な30坪前後の家屋で、7~10日程度が目安とされます。中には外壁だけでなく、屋根塗装のリフォームも希望している人もいるでしょう。その場合、屋根を塗る工程分、期間は伸びます。同じく30坪前後と仮定した場合、10~14日が相場です。上で紹介したのは、あくまでも作業日数です。休日を含めると、少なく見積もって2週間程度と想定しておきましょう。

マンションの場合、塗る面積が広くなる分、期間も延びます。戸数が少なくても2か月程度、大きなマンションであれば、半年くらいかかってしまうこともあります。

外壁塗装のリフォームで大事なのは色選び

外壁塗装を行うにあたって、大事なのはどの色を塗るかです。色選びの方法はいくつかあります。まずは自宅の周辺の街並みを見ましょう。するとだいたいどんな色合いがベースになっているかがわかります。

もしその色合いから大きく外れた色で外壁塗装すると、周りから浮いてしまいます。

一般的な日本家屋では、落ち着いた色を使っています。そこにあまり鮮やかな色で塗装すると、違和感が出てきます。住宅展示場が近くにあれば、こちらを訪れて参考にしてみるのも一考です。

外壁塗装リフォームの画像を見る際の注意点

外壁塗装を決めるにあたって、色見本やパソコンの画像をチェックします。この時注意しなければならないのは、面積効果です。面積効果とは、同じ色でも大きさで印象が変わってくることです。色見本と比較して、実際に外壁にペンキを塗ると薄く見えたり、派手に感じたりしがちです。画像や色見本を見て、特定の色を選んだら、壁に実際に試し塗りしてもらうのが確実です。そして自分のイメージ通りの色合いに仕上がっているか確認しましょう。

【外壁塗装リフォームの気になる値段は?】

外壁リフォームを行うにあたって、やはり気になるのはどの程度の価格になるかでしょう。これも期間と一緒で、どの程度の大きさの建物が対象かで変わります。外壁塗装を一般的な日本家屋の30坪の価格で、だいたい80~120万円程度と考えましょう。過去に実際に行った人の体験談やアンケート調査もネットで紹介されています。その意見を総合すると、多くの人が100万円台と答えています。ただしこれは業者の規模や工事の手法、塗料のグレードなどによって、価格調整は可能です。自分の予算と相談しながら、ベストの方法を業者とすり合わせていきましょう。

外壁塗装リフォームをすると減税の対象にも

上で紹介したように、外壁塗装のリフォームはそれなりにまとまった費用が掛かります。しかし場合によっては、住宅ローン減税の対象になる可能性があります。もし適用されると、実に10年間減税の対象になるのでかなり大きいです。外壁塗装の代金を住宅ローンで支払って、10年以上にわたる返済期間、100万円を超える費用である、50平方メートル以上の床面積の物件であることを満たしていると、対象です。ここで注意してほしいのは床面積です。判断基準は登記簿です。パンフレットや売買契約書に記載されている床面積とは異なります。減税の額ですが、年末のローン残高の1%分です。

省エネ改修工事の場合も控除対象に

省エネ改修工事を行うと、控除の対象です。住宅ローンを組んだ場合、特定増改築等住宅借入金等特別控除が適用されます。ローンを組んでいない場合でも、住宅特定回収特別税額控除が使えます。省エネ改修工事は外壁塗装リフォームの場合、断熱塗料もしくは遮熱塗料を使っている場合が対象です。このような控除を受けたければ、確定申告をしなければなりません。2月中旬から3月中旬にかけて、日本全国の税務署で受け付けています。確定申告をする際には、以下の書類が必要なので準備しておきましょう。

  • 特別控除額の計算明細書
  • 増改築等工事証明書
  • 契約書の写し

このほか、住宅ローンを組んでいる場合、年末残高等証明書が必要です。サラリーマンなどの給与所得者の場合、源泉徴収票もつけて提出します。

工事証明書は、業者にお願いすると発行してもらいます。証明書がないと、増改築に該当しないとみなされる恐れがあります。この手配は忘れないように注意しましょう。

外壁塗装で補助金が受け取れる?

外壁塗装のリフォームをした場合、地域によっては補助金を受け取れる可能性があります。これは自治体によって対応が分かれます。補助金や助成金がもらえないケースもありうるので、前もって役所のホームページなどで確認しておくといいです。ただしほとんどの場合、省エネ効果のある塗料を使用することが前提です。断熱や遮熱塗料を使ってリフォームするのであれば、補助金が下りるかどうかチェックしておいた方がいいでしょう。補助金の金額も、自治体によって変わります。しかし大体10~30万円といったところが相場です。

外壁塗装リフォームで人気のジョリパット

外壁塗装のリフォームを検討している家庭の間で、人気になっているのがジョリパットです。アイカ工業というメーカーが販売している外壁材の一種です。

なぜ人気かというと、そのデザインにあります。オリジナリティある模様や独特の風合いを持ったものが多いからです。

外壁リフォームでおしゃれな雰囲気にしたいと思っている人の間で支持されています。

しかしもしジョリパットを使用するなら、定期的にメンテナンスする必要があります。汚れが付着しやすくて、劣化も進みやすいからです。もしメンテナンスを怠っていると、ひび割れなどが発生して、せっかくの見た目の魅力も半減してしまいます。

ジョリパットのリフォームの時期

塗装のタイミングは、大体築5~8年経過したところと考えておきましょう。

5年以上経過すると汚れが目立ちやすくなり、カビやコケなども生えやすくなります。よく見てみると、細かなひび割れなども見られるかもしれません。

通常の外壁と比較すると、リフォームまでの期間が短いのは、繊細なデザインにあります。ざらつきがあるため、そこに汚れが付着するからです。

少なくても10年経過する前までには、リフォームを検討すべきです。

大きなひび割れや欠けなどが発生しやすくなって、補修してもその痕跡が残りやすくなります。せっかくのおしゃれな外壁も台無しになりかねません。

リフォームのセルフチェックポイント

リフォームすべきかどうか、自分で判断することも可能です。

まずカビやコケによって、緑色に変色している個所は何か確認しましょう。特に北向きなど、日当たりの悪い場所は繁殖しやすいですから注意が必要です。

カビやコケも植物なので、根っこがジョリパットの中で成長します。その結果、外壁の強度がダウンしてしまうのです。そのほかには壁に水をかけてみる方法もあります。

もし水をはじくようであれば、問題ありません。しかし色が濃くなっていると、中にしみこんでしまっていると考えられます。これは紫外線によって、塗装が劣化しているためです。

水を吸い込むと湿度も高くなり、カビやコケも繁殖しやすくなります。水を吸い込むと壁が膨らんで、晴れて乾燥すると元に戻ります。

膨らんだり戻ったりを繰り返すと、いずれひび割れを起こします。水をはじかなくなったら、リフォームを検討すべき時期に差し掛かっているといえます。

ジョリパットへの外壁塗装リフォームの注意点

ジョリパットに塗装をする場合、NGな塗料があるので注意しましょう。それは弾性塗料や伸縮性塗料と呼ばれる種類です。

これらは伸縮性に優れているのが特徴で、ひび割れが起きるとそれに柔軟についていって埋めてくれるのが魅力です。

しかしジョリパットにこの塗料で塗ってしまうと、細かな凹凸のところに空気が残る危険性も出てきます。

時間の経過とともに、そこが膨らんでしまう恐れがあるわけです。するとまるで気泡のようにぶつぶつして見た目が悪くなりますし、耐久性の低下も招きかねません。

このような塗料を使用しないように、一応業者にも要望を出しておきましょう。

外壁塗装における基本知識まとめ

外壁塗装リフォームの基礎知識について書いてみました。

  • 基本的に10年で外壁塗装リフォームを検討すべき
  • 水をかける、手で触るなどして自己判断をすることもできる
  • 外壁塗装リフォームには適切な時期がある
  • 人気の塗装処理において、塗料の寿命が短いものもある

これらの知識をもとに、適切な時期に外壁塗装リフォームを実施しましょう。

余りに放置しすぎると、問題も発生しやすくなりますので気を付けてくださいね!